危機管理の大事さ

朝の8時にけたたましく携帯が鳴った。
何だろう?と思って出てみると、
K○NK○Sからでした。

「昨日、注文受けた製本の件で・・・」
「今日の10時仕上がりですよね」
「じつは、1冊が不十分なので・・・」
「どういう事?」
「前のページがなくなってしまったんです」
「なくなっても前のページなら大丈夫かな」
「実は、4〜5ページをシュレッダーしてしまったんです・・・」
「えー!どうしてくれるのー。原稿ないよ」

「どう対処すればよろしいでしょうか?」
「損害賠償って言ったって、大切なものだから製本頼んだわけだし」
「対応をお考えください!対応します」
「何とか原稿が手に入るか考えてみる!」

9時過ぎにまた携帯がなり、
「原稿元の会社に事情を説明して、コピーしてもらい、バイク便で届けてもらう事になりました」
やっと怒りが収まりました。
損害賠償として、お金を貰ったって、
原稿は戻らない訳だし、
クライアントにも説明がつきません。

企業の危機管理として、お客様に対して、何が出来るか
『現状回復にベストを尽くす!』
これしかないと思いました。
お金で解決しない事もあるのですから・・・。