中国語ページ

《事所介》  

村法事所的所村先生是京入管局定申取次行政士,可以代各入管局手,客不必自去入管即可。
我事所聘一各中国人,一各国人,有中文和?牧骼ウ娜救酥霸薄?梢蔽ck┓ミ?
除了入管局以外,本事所提供企法,个人法,等。
利用我免咨服,我将予心意的助。


《内容》
 
本事所代以下。
入管局手

 
(1)在留資格定明的申

希望来日本或希望留在日本的外国人,有出生不是日本国籍的小孩,都需要自或通代理人向日本法大臣交所需要的材料。

可以就的在留格
外交,公用,教授,,宗教,道,投・,法律・会,医,研究,
教育,技,人文知・国,企内勤,行,技能,特定活

不可以就的在留格
文化活,短期停留,留学,就学,研修,家族
*注:留学,就学,家族滞在,如果申了前面所述的格外活可,就可以在一定内打工。

就活不受限制的在留格
永住者,日本人配偶者,永住者的配偶者,定住者

 
(2)在留資格更可申  

一旦去所持有的在留格和在所持在留格不符的情况,就必事先申在留格更可。
 必要材料
@ 在留格更申
A 入国管理局要求的申理由
B 照或在留格明
C 外国人格登明
D 已取得申格外活的可,需提供可 
*注: 根据申的情况不同可能会被要求出示其他材料。

 
 
(3)在留資格更新可申  

希望延在留期,必在在留期限到之期前提出申。
*注:在留格更新可申在期前个月始受理。

 必要材料
@ 在留期的更新可申
A 入国管理局定的明料
B 照或在留格明
C 外国人登明 
*注:根据申的情况不同可能会被要求出示其他材料。

 
(4)永住可申  

取永住在留格,没有在留活和在留期的限制。

基本条件
@ 要在日本居住10年以上
A 有能独立生活的或技能力
B 行良好
C 永住符合日本的国家利益

*注意事
@日本人或永住者的配偶或子女及民定者可以不受上述条件限制。
A 即使在日本居住有10年以上也不一定能得永住批准。
B 如果希望永住,在申在留期更新的同有必要外申永住可。

 
(5)化申  

化申和其他申不同。化申要向申人住居管的法局申,必由本人自去申。 因此,本事所以准材料方面服。

 
(6)在留特別可手  

不法滞在或不法入国原本是制遣返的象,但是,向法大臣求在留特格有可能最得到法大臣的特在留可,取得正的。
由于制遣返可能提前,在留特格的手需要尽快理。

 
(7) 就労格明  

在日本具有工作格的外国人,前往地方入国管理局申,即可根据其格得就格明。
找工作向雇主出示此明,可作合法就的明。

 
(8) 格外活可  

行在留格以外的活,需要申。
 
工作定如下:
 留学生            1周28小以内(1日8小以内)
 研修生・旁听生       1周14小以内(1日8小以内)
 就学生            1日4小以内
*不允从事俗及性俗(舞,陪酒,麻将店,金店,个室按摩等)的工作。

必要材料
@ 格外活可申 
A 明所要行的活内容的料 (如雇用合同印件,雇用位的情况介等)
B 照或在留格明
C 外国人登明

 
 
其他  
(1)公司
(2)作成公司定款
(3)雇用保,保等加入手
(4)翻 等等
 
   

《用》

 

手用起初支付一半,余等取得之后再支付。
如果被拒,可以免再申。

報酬表

 
   

《免咨》

 

03-5809-0084             真 03-5376-6639
手机 090-2932-2348(上,周末)
office@niwa-kokusai.com
*注:依照行政士法有定,我行政士有任和保守客的秘密,不会外泄漏个人情。

婚外子」4日に大法廷判決 国籍法条項、初の憲法判断も

未婚の日本人父とフィリピン人母との間に生まれ、出生後に父から認知を受けた計10人の子供が、「生後認知に加え、父母の結婚がなければ日本国籍が取得できないと定めた国籍法は憲法違反」として、日本国籍の確認を求めた2件の訴訟の上告審判決が4日、最高裁大法廷(裁判長・島田仁郎長官)で開かれる。争点は、「父母の結婚」を子供の国籍取得要件にしている国籍法の条項が合憲かどうか。判決は、この条項について初めての憲法判断をする可能性もある。

 原告のような境遇の子供は、国内だけで数万人いるとの推計もあり、判決は大きな影響を与えそうだ。

 国籍法上、原告のように未婚の日本人父、外国人母の間に生まれ、出生前に認知を受けなかった子供が国籍を取得するには、「生後認知」と「父母の結婚」が必要。「生後認知」だけで国籍を取得できるという規定はない。

 この結果、出生後に認知を受けても、父母の結婚の有無によって国籍取得が左右される。これが、法の下の平等を定めた憲法に違反するかが、最大の争点になっている。

 2件の訴訟とも、1審東京地裁判決は違う判断枠組みを取りながら、国籍法の条項を違憲無効と判断。一方、2審東京高裁は「『父母の結婚』の要件を違憲無効とすると、法にない国籍取得要件を司法がつくることになる。それは許されない」などとして、憲法判断をせずに、原告敗訴の判決を言い渡した。

営業しない罪もあるんです!

「ピンポーン!」

KDDIの営業マンで、ひかり通信の勧誘でした。
「今頃来たって、遅いよー。昨日J-COMの工事が終わったばかりだよ」

「J-COMが入ってしまったら、もう無理ですね」

「ずーっと待ってたんだよ。KDDIは好きだからね。
携帯もauだし、何より社長の稲盛さんが大好きなんだ!
彼の本も沢山読んだしね」

「スミマセン・・・」

我々消費者は、選択の権利はあるけれど、
自分から、ひかり通信業者に電話する人はいないはずだ。

○○○は、家電の安売り店に入り込んで、
パソコンを買うときに、ひかりに加入すると、○万円値引きします!
と銘打って、パソコン購入時に、無理やりひかりに加入させてしまう。

我が家も、加入するとパソコンが安く買えるから、
プロバイダーが変わるのを承知で、買ってしまった経緯がある。

北沢法人会で名刺交換した、地元の信用金庫もそうだ。
「千円でもお願いします!」と言いながら、
まだ挨拶に来ない。
だから、通帳も作っていない。

営業して来なければ、ゼッタイに自分から入りたい!なんて言わないのに。
消費者は意外と待っているものなのです。

営業しない罪というのもあるんです。