人は変われるのか?(6/22)

一人のアルコールの瓶を抱えたホームレスの男を見つけました。

彼と約束をします。
「24時間飲まなければ、1万円あげる。」

彼は次の日も、その次の日も、しらふで待っていました。

そして4日目、約束の場所に、彼は現れませんでした。

近くの安酒を出すバーで、その男は飲んでいました。

健康、経済、男女関係や人間関係で
破綻的なことを経験しなければ、人は変われないのです。

人はいつまでも何とかなると思っています。

それで、めるま湯から出るチャンスを逃した、
ゆでガエルのようになってしまうのです。

「人はなかなか変われない。
よほどのことがないと変われないようにできています。」

自分がこのままいけば、どうなるかを正確にイメージすることです。

「来年の状態がよさそうであれば、何も変わる必要はありません。
来年の自分がイヤだと思うなら、どこまでイヤだと思うかが。
人生の分かれ目です。」