ウィーンに遊ぶ(7/7)

「今日、ウィーンの指揮者と会うんだけど、
ご一緒しませんか?」

銀座まで出かけてしまいました・・・。

富裕層の友人とウィーンの指揮者。
二人とも、会話が現実離れしていて面白い。

今年の夏に「子どものヴァイオリンのツアー」で、
ウィーンに行く時に、
ウィーンで指揮者の持っているアパートにお世話になるらしい。

「ウィーンのアパート買いたいんだけど?」

「うーん築300年経ったのがいいし、一棟ごと買った方がいいよ!」

「わぁー買っちゃおーかな?お城も買いたいんだけど・・・」

「いやシャトーは辞めた方がいい。管理が大変だからね」

50年経った著作権をめぐって、
弁護士を立てないで最高裁まで闘い勝訴した話は面白かった。
実に論客な人である。

ヨーロッパに実際住んだ体験からくる経済の話も説得力があった。
指揮者じゃなく、経済界でも十分成功しそう・・・。

「私が始めた【大きな買い物倶楽部】に入りませんか?」

自腹で1000万円以上の買い物をしたことがある人、
500万の留学を2年、
50万の時計が何十個、
1万円のワインを1000本以上飲んできた
でもいいそうです。

富裕層の友人とウィーンの指揮者のコラボレーションは
実に刺激的でした・・・。