メールでの問い合わせ(8/29)


メールでの問い合わせもありますが、
内容が理解できないものが多いです。

理由は相談者の一方的な思い込みや、
相談者にとって必要な情報しか書かれていないからです。

また相談者は、在留資格については素人ですから、
的を得た質問ではない為、
こちらの頭も混線してしまいます。

「この人は一体何が言いたいのだろう?」
その辺を考えて、返信を書いたりしていますが、
返信がなかったり、また変な内容が返ってきたり・・・。

電話での応対では、
こちらから適当に質問をぶつけたりしながら、
相談者の言いたいことを誘導していけます。

最近の結論としては、
「メールでの質問に対してメールで答えるだけでは不十分である。
電話で話さないと絶対にムリである」
ということです。

どんなにデジタルが普及して便利になっても、
最終的にはアナログに行き着くのでしょうね?

人間の心もアナログなのだから・・・。