ホッピー通りを作りたい(9/18)


ホッピービバレッジ株式会社
暑い都心を走り回る派手なピンクと黄色いトラックの会社。

ホッピーというと、
ビールが高価で買えなかった時代、
場末でオヤジが飲むイメージがある。

焼酎人気に併せて、昭和を懐かしむ風潮も追い風に
低カロリー、低糖質、プリン体ゼロのホッピーが蘇った。

カシスやトマトジュースを加え、
売上を3倍にした。

その秘訣とは?人間にあり。
経営は人の心理を無視してやってはいけない。

原理・原則を愚直なまでに、守り続けられるかどうか?
社員に檄を飛ばすのが、社長の一番イヤな仕事でどこまで出来るか?

社員との闘い、自分との闘い。
新入社員に150万円の研修費用の投資。
ホッピーイズムの徹底。

一部上場も考えていない。
全国展開も考えていない。
考えているのは、”ホッピー通り”を作る事。

理屈ではなく、その熱い情熱に人は動かされる。