中国内蒙古自冶地区(2/12)


中国の地図を見ると、
内蒙古自冶区という地名があります。

モンゴルとロシアの境界線上。
内蒙古高原と書いてあります。

内蒙古出身の中国の女性から相談が来ました。
日本の国立大学の大学院を卒業した才媛です。

中国語、モンゴル語、英語、日本語
そしてロシア語も話せると言います。

ロシア語はどうして話せるの?と聞くと、
内蒙古では、小学校からロシア語を勉強するそうです。

吉林省の中国人は、
中国語の他に韓国語も話せるし、
中学から高校で日本語を勉強しています。
昔、満州があった名残です。

国境がない日本人には、
この辺のアバウトさがわからない。

日本語を綺麗に話す中国人は、
まったく日本人と区別がつきません。

もうすぐ永住権を取得しようとする彼女は、
オシャレでフェラガモの靴を履いていました。

タイの女性も日本の生活が長いと
顔つき日本人と同じになってきます。
こんな顔の日本人いるよー。

毎日、毎日が驚きと新鮮な発見です。

by VISAemon