中国は漢字の王様(4/16)


中国人の申請書類を作成する機会が多い。

名前をはじめ住所や経歴等すべて漢字で、
知らない漢字が多いことに気付く。

名前にしても日本では使わない漢字や使い方、
住所にしてもそうだ。

書類作成時に困るのは、パソコンの中に該当漢字がない事。
そんな時は手書きパッドで漢字を書いて、探すようにしている。

簡略文字は中国人に簡単なように作られたが
逆に日本人には難しい。
どう書けばよいかわからないし、まったく読めない。
また帰化申請では使用できない。

中国では簡略文字を使うときは、すべて簡略文字で
というルールがある。

中国の方に日本の漢字は簡略文字を使ったり、使わなかったりと
一定のルールがないとも指摘された。

どれが簡略文字でそうでないかもわからなくなってきている。
ごちゃごちゃ文化は漢字にも現れているようだ。

日本人は中国の漢字をすべて読むことは出来ないが、
中国人は日本の漢字はすべて理解できるのだろうか?

韓国が漢字を捨ててしまい、アジアで漢字を使う国は
中国と日本とベトナムだけとなってしまった。

漢字文化をもっと大切にしたい。

by VISAemon