改正予定入管法について(4/19)


現行の入管法は平成元年に施行され20年が経っています。

これまでは改正せず、基準省令、大臣告示、通達、事務連絡等で
運用されてきました。

それが今回20年ぶりの大改正となります。

入管法は民法などの六法と違って政策法です。
政策法の場合、条文解釈は50%、
後は世の中の流れに合わせて日々変化していきます。

その為にも、新聞を読んだり、人と交流したり、地方へも出かけ、
世の中の動きを掴む事が実務家として大切になってきます。

条文を読むことは大切ですが、
我々は法律の奴隷となってはいけない。

法律をいかに運用していくか。

また役所とケンカしてもいけません。
役所と戦って、勝ったと自慢している人がいますが
その人は口論では勝ち、仕事では負けているのです。

「良い仕事をする」とはそんな事ではないはずです。
いかに役所を味方につける事が出来るかが
実務家としての能力だと思っています。

今回の入管法改正についても
いち早く情報を掴んで、
事務所として対策を考えていくのもまた大切です。

by VISAemon