『ビザ衛門』 VISAemon
『ビザ衛門』 VISAemon

メニュー:国際結婚
[#]次へ
外国人が日本で結婚した場合


1.日本人と外国人外国人同士が日本で結婚しようとするとき
戸籍届出窓口に婚姻の届出⇒婚姻の成立
日本人は戸籍に記載
外国人同士の場合は届出書が50年間保存

2.外国人が日本にある外国人の大使館又は領事館で婚姻した場合
届出は不要

3.子どもを産んだとき
外国人に戸籍はないですが、日本国内で出産したり死亡した場合は、戸籍法の適用を受けます
戸籍届出窓口に、出生の届出又は死亡の届出をします。
届出は10年間保存されます。

4.証明書発行
出生届の受理証明書又は出生届書の記載事項証明書を市区町村に請求できます。



外国人との婚姻届に必要な書類

外国人との婚姻届に必要な書類

日本人

@戸籍謄本

(本籍地に届出する場合は不要)

外国人

@婚姻要件具備証明書(日本語訳文)

A国籍証明書 

パスポート(有効期限内のもの)可

B出生証明書(日本語訳文)

C外国人登録原票記載事項証明書 

外国人登録証(カード)可

家族関係事項を記載したもの

D申述書

Eその他

離婚日がわかる証明書等

・離婚届受理証明書

・前婚につき「離婚」の記載のある戸籍謄本

※証明書等は、必ず原本をお持ちください(コピー不可)

※外国語で書かれている書類については、翻訳者を明らかにした日本語訳が必要です。

例 「上記は、原本の正訳に相違ありません。

      住所・氏名・印         」



外国人と海外で結婚式を挙げた場合

1.外国で結婚式を挙げた場合
   その国の法律上有効に婚姻が成立する場合もありますが、日本やハワイの教会で結婚式を挙げた場合のように、それだけでは法律上有効に婚姻が成立したとならない場合があります。

2.「外国方式の婚姻」
   外国の法律上有効に婚姻が成立し、外国が発行する婚姻に関する証書の謄本が交付されている場合、婚姻成立の日から3か月以内に、婚姻に関する証書の謄本日本語訳の添付)を日本の在外公館に提出するか、本籍地の市役所、区役所又は町村役場に提出又は郵送する必要があります。



[#]次へ

▲上へ
『ビザ衛門』 VISAemonトップページ