入管法違反事件

1.入管法違反事件
@平成20年に退去強制手続を執った外国人は3万9382人(前年から6120人減少
A不法入国者6136人で、1318人減少
B不法残留者3万1045人4372人減少、全体に占める割合は78.8%
 ※出国命令制度の対象となった不法残留者は8480人(27.3%)
C退去強制手続を執った外国人の国籍は109ケ国で中国が最も多く、1万963人(27.8%)
D摘発の箇所数は、前年と比較して1088ケ所多い1万2391ケ所。

■摘発箇所数の推移
  平成18年  平成19年  平成20年 
稼動先 

 2,429

 3,498

 4,590

居宅 

 4,416

 5,708

 5,628

路上等 

 2,508

 2,097

 2,178

総数 

 9,353

 11,303

 12,391


入管法違反事件の推移
違反内容  平成17年  平成18年  平成19年  平成20年 
不法入国 

 11,586

 10,441

 7,454

 6,136

不法上陸 

 690

 506

 342

 253

資格外活動 

 1,890

 1,736

 1,409

 1,153

不法残留 
(出国命令)

 45,254

 42,829

 35,417

 31,045

 12,239

 11,108

 9,695

 8,480

 その他

 752

 898

 880

 795

 総数

 57,172

 56,410

 45,502

 39,382


2.不法就労事件
@入管法違反者82.5%3万2471人不法就労に従事。
A不法就労者の国籍は、89ケ国で中国がトップの9583人(29.5%)
B男性が1万9270人(59.3%)、女性が1万3201人(40.7%)男女の差は拡大した。
C30代が38.0%、20代が26.3%、40代が24.3%
D就労期間は、5年を超える者が1万262人(31.6%)、1年以下の者は6630人で(23.0%)
E就労内容は、男性は「工員」7670人、「建設作業者」3792人、「その他労務作業者」2342人
  女性は「ホステス等接客」4023人、「工員」3696人、「ウェイトレス等給仕」1342人

■国籍別 入管法違反事件の推移

国籍  平成17年  平成18年  平成19年  平成20年 
中国 

 17,252

 16,269

 11,981

 10,963

台湾 

 428

 393

 342

 264

香港 

 57

 62

 37

 31

フィリピン 

 9,627

 10,420

 9,185

 7,847

韓国 

 8,050

 8,128

 6,560

 4,993

タイ 

 3,388

 3,294

 2,467

 2,284

インドネシア 

 2,000

 2,443

 2,153

 2,020

ベトナム 

 1,130

 1,407

 1,571

 1,708

スリランカ

 1,204

 1,624

 1,449

 1,432

ペルー 

 1,194

 1,306

 1,068

 1,064

バングラデシュ 

 1,529

 1,295

 975

 745

 インド

 -

 721

 608

 591 

 総数

 57,172

 56,410

 45,502

 39,382


不法就労事件の推移
国籍  平成17年  平成18年  平成19年 

平成20年 

中国 

 14,239

 13,750

 10,223

 9,583

台湾 

 220

 232

 201

 155

香港 

 32

 33

 18

 20

フィリピン 

 7,378

 7,978

 7,075

 6,083

韓国 

 6,514

 6,696

 5,315

 4,077

インドネシア 

 1,844

 2,286

 2,034

 2,162

タイ  

 2,816

 2,650

 2,013

 1,694

ベトナム 

 900

 1,189

 1,318

 1,473

スリランカ

 1,024

 1,440

 1,264

 1,278

バングラデシュ

 1,405

 1,176

 907

 702

マレーシア 

 -

 668

 582

 554

 総数

 45,935

 45,929

 36,982

 32,471