書類を書くのがイヤだから頼むんじゃないですかー(9/6)


「先生、中国で結婚手続をすましてきました。
ビザ申請お願いします。」

以前、電話があった人からでした。

「色んな先生に電話したけど、丹羽先生が対応がよかったんで」
「他の先生は偉そうに威張ってるからね」
「親しみやすくてざっくばらんに相談できると思ってさー」
「それに家から近いしねー」

クラアントは仕事を依頼するまでに
何件か電話して値踏みしているのは本当のようだ。

必要書類を持っていった。
「この質問書に書いてもらえますか?」
「先生、よしてくださいよー。こういう書類を書くのがイヤだから
頼むんじゃないですか!」
「・・・ごもっとも、しかしー」

一つ一つ質問事項を聞いて確認しながら、
質問書を埋めていきました・・・。