査証免除措置国・地域一覧表


■査証免除措置国・地域一覧表(2008年2月現在、計62の国・地域)

地域 

査証免除国 

滞在期間 

 
アジア地域  ブルネイ 

 14日以内

 
韓国 

 90日以内

2006年3月1日以降 
台湾 

 90日以内

身分証番号が記載された台湾護照(旅券)所持者 
香港 

 90日以内

香港特別行政区(SAR)旅券所持者及び
英国海外市民(BNO)旅券所持者(香港居住権者) 
マカオ 

 90日以内

マカオ特別行政区(SAR)旅券所持者 
シンガポール 

 3か月以内

注2 
北米地域  アメリカ 

 90日以内

 
カナダ 

 3か月以内

注2 
中南米地域  バルバドス 

90日以内

 
アルゼンチン   3か月以内 注2 
ウルグアイ 
エルサルバドル 
グアテマラ 
コスタリカ 
スリナム 
チリ 
ドミニカ(共) 
バハマ 
ホンジュラス 
メキシコ   6か月以内 注2 
欧州地域  アンドラ 

 90日以内

 
エストニア 
チェコ 
ハンガリー 
ポーランド 
モナコ 
ラトビア 
リトアニア 
スロバキア 
ブルガリア 
アイスランド 

 3か月以内

注2 
イタリア 
オランダ 
ギリシャ 
クロアチア 
キプロス 
サンマリノ 
スウェーデン 
スペイン 
スロベニア 
デンマーク 
ノルウェー 
フィンランド 
フランス 
ベルギー 
ポルトガル 
マケドニア 
マルタ 
ルクセンブルク 
アイルランド   6か月以内 注2 
オーストリア 
スイス 
ドイツ 
リヒテンシュタイン 
イギリス 
大洋州地域  オーストラリア 

 90日以内

オーストラリアは我が国の一方的措置。 
ニュージーランド 
中近東地域  イスラエル   3か月以内 注2 
トルコ 
アフリカ地域  チュニジア   3か月以内 注2 
モーリシャス 
レソト 

注1:査証免除の対象となるのは、在留資格「短期滞在」に該当する場合であり、上陸許可の際に付与される滞在期間は「90日」(ブルネイのみ「15日」)です。
注26か月以内の査証免除措置に該当する場合、上陸時、原則として「90日」の滞在期間が付され、90日を超えて滞在する場合は、最寄の地方入国管理局において在留期間更新許可申請の手続を行う必要があります。

中国については、30日滞在予定の修学旅行生(中国国内の小中高校の生徒が対象)
バングラディシュ人及びパキスタン人(1989年1月15日以降)、イラン人(1992年4月15日以降)に対しては、査証免除措置を一時停止。
マレーシア人(1993年6月1日以降)、ペルー人(1995年7月15日以降)、コロンビア人(2004年2月1日以降)に対しては、査証取得推奨措置を実施。