『在留資格変更申請理由書』

1.「在留資格変更申請」
A「留学」⇒「人文知識・国際業務、技術」
@
外国人提出する「在留資格変更申請理由書」
  自分がどのような興味からこの学科を専攻し、どのような業務に就きたいか、在留を継続して今後どのようにしたいかを開陳します。
A雇用主が作成する「採用理由書」
雇用する会社の沿革、営業品目、取り扱い業務、当該外国人を雇用するに至った事情、当該外国人の品格人柄の評価、これから就かせる業務に対しての会社の必要性、能力の評価などを開陳

B「日本人の配偶者等」⇒「定住者」
  ・日本人配偶者との間に「子」はいるのか?⇒「子」がいる場合、日本で養育することが条件
・「子」がいないならば、在留年数は何年か?
・今後の生活の維持はどうするか?⇒生活維持の立証

C「留学」⇒「日本人の配偶者等」
・日本人配偶者の連名の理由書にします。

D「就労系資格」」⇒「日本人の配偶者等」
・日本人と結婚したから、必ず「日本人の配偶者等」に変更しなければないというものではない。

E「就労系資格」」⇒「投資・経営」
・「理由書」よりも「会社の財務体質」が審査の要点です。

F「日本人の配偶者等」⇒「就労系資格」又は「投資・経営」
・「定住者」にするか「人文知識・国際業務」にするか?
・両資格の許可要件(審査のファクター)、添付書類、永住許可までの年数を考えます。