日本は混血のハーフ社会に? 欧米人選ぶ20〜30代女性急増

日本は混血のハーフ社会に? 欧米人選ぶ2030代女性急増

   赤ちゃん30人に1人は混血のハーフであることが、厚生労働省の統計調査で浮き彫りになった。
さらに、国際結婚は、東京都区部や大阪、名古屋両市だと、
10組に1組の高率。
専門家によると、欧米人を選ぶ女性がここ
5年ほどで10倍以上にも増えているというのだ。
日本は、ハーフが当たり前の社会になるのか。

 

東京都区部や大阪、名古屋両市では、10組に1組の高率

   ダルビッシュ有、木村カエラ、ウエンツ瑛士…。
最近、スポーツ界、芸能界を見回すと、活躍するハーフが多いのに気づく。
いずれも、どこか日本人離れした異彩を放っているかのようだ。

 

   そして、ハーフの多さを裏付けるデータが浮き彫りになった。
厚労省の調査によると、
2006年に生まれた赤ちゃんのうち、
親の少なくともどちらかが外国人のケースが
3.2%、30人に1人ほどの割合に上ったというのだ。
学校のクラスに
1人は、ハーフの子がいる計算になる。

 

   実際、国際結婚は増えている。
厚労省によると、
06年に結婚したカップルのうち、少なくとも一方が外国人のケースが6.6%で、
15組に1組ほどの計算。
ここ
10年で最高といい、東京都区部や大阪、名古屋両市では、10組に1組の高率だ。

 

   各種啓発活動をしているNPO法人国際結婚協会副理事長の渡辺圭広さんは、その驚くべき内実を明らかにする。

 

2030代の日本人女性が、ヨーロッパやアメリカの外国人男性と結婚するケースが圧倒的に増えています。
それは、この
5年間で10倍以上にもなるほどの勢いなんです」

   その理由として、渡辺さんは、近年、語学留学熱で女性が海外に目を向ける機会が多く、欧米から外資系企業の進出が著しいことを挙げる。

 

「女子大の文系学生9割に留学経験があるというデータもあり、外国人に対する敷居が非常に低くなっています。
また、外資系の参入が増えて、大手保険会社のエリートに女性の人気が集まっている事情もあります」

日本人男性はもてなくなった!?

   ただ、厚労省の調査によると、外国人の父親で多いのは、韓国・朝鮮、中国、ブラジルの順。
渡辺圭広さんは、「現在はそうかもしれませんが、何年かすれば欧米の割合が高くなるでは。
ノッツェやツヴァイには、『外国人はいないのか』と言ってくる日本人女性が多いと聞きますし、
欧米人男性がこれからどんどん上位に来るでしょう」と分析する。

 

   一方、日本人男性については、渡辺さんは、以前と同様にアジアの女性と結婚する傾向が続いているとする。

 

4060歳代が相変わらず多いです。
ほとんどが離婚・死別か、地方の農業男性で、日本人女性とうまくいかずに外国人女性に目を向けた結果です。
10年以上前から増え続けており、日本では、20003000の結婚紹介業者がいると言われています」

   厚労省によると、外国人の母親は、外国人の父親より1.4倍多く、中国、フィリピン、韓国・朝鮮の順になっている。

 

   渡辺さんによると、日本人男性はもてなくなったという。

 

「フリーター、ニートのように、お金がない若者が増えています。
だから、お金を持っている外資系のエリート外国人が素晴らしいと思ってしまうわけです」

   もっとも、外国人との結婚もいいことばかりではない。

 

   国際結婚に対する法律の不備から、「ビザが下りない」との相談が多いという。
また、カップルや子どもが差別意識や偏見で苦労することも。
文化の違いから衝突して離婚するケースも増えている。

 

   とはいえ、国際結婚の増加やハーフタレントの活躍を反映して、若い世代には違和感が薄れつつもあるようだ。
23か国語を話せる小学生のハーフは、うらやましがられます。外国語を話せてかっこいいと人気のようです」