継続就職活動を希望する場合の必要書類の案内

大学及び専門学校を今年卒業された留学生が、卒業前から就職活動を継続して行っていて、大学等からの推薦があり、一定の要件を満たした場合には、継続就職活動として、「短期滞在」への変更申請を行うことが出来ます。

【対象となる留学生】
今春、大学(大学院、短期大学を含みますが、別科生、聴講生、科目等履修生、研究生は含まれません)又は専門学校(今春、「専門士」の称号を取得したことが条件です。)を卒業された留学生。昨年以前に卒業された方は含まれません。

【必要書類】
大学生(別科生、聴講生、科目等履修生、研究生は含まれません。)
1.在留中の一切の経費の支弁能力を証する文書(注1)
2.直前まで在籍していた大学の卒業証書又は卒業証明書
3.直前まで在籍していた大学による継続活動についての推薦状
4.継続就職活動を行っていることを明らかにする文書(注2)

専門学校生(「専門士」の称号を取得することが条件です)
1.在留中の一切の経費の支弁能力を証明する文書(注1)
2.直前まで在籍していた専修学校の発行する専門士の称号を有することの証明書
3.直前まで在籍していた専修学校の卒業証書(写し)又は卒業証明書及び出席・成績証明書
4.直前まで在籍していた専修学校による継続就職活動についての推薦状
5.継続就職活動を行っていることを明らかにする文書(注2)

注1:本国からの送金通知書、申請人の通帳の写し、その他経費支弁能力を有することを確認できる文書。
注2:企業からの面接通知の写し、ハローワークに登録している事を示す文書、企業パンフレット等就職活動を現に行っていることを確認できる文書。