在日フィリピン人の現状


■在日フィリピン人の現状(2008年現在20万2592人)
都道府県別在留登録者数
 1  東京都   31,313
 2  愛知県  24,065
 3  神奈川県  17,789
 4  千葉県  16,331
 5  埼玉県  15,867
 6  静岡県  11,909
 7  岐阜県   8,176
 8  茨城県   7,542
 9  群馬県   5,977
 10  大阪府   5,527
 11  広島県   4,824
 12  三重県   4,716
 13  長野県   4,423
 14  福岡県   3,501
 15  栃木県   3,374
 16  兵庫県   3,131
 17  福島県   2,405
 18  新潟県   2,211
 19  山梨県   1,992
 20  京都府   1,902
 21  滋賀県   1,842
 22  沖縄県   1,685
 23  富山県   1,650
 24  岡山県   1,435
 25  鹿児島県   1,281
 26  福井県   1,235
 27  香川県   1,234
 28  北海道   1,138
 29  山口県   1,129
 30  宮城県   1,015
 31  大分県   1,007
 32  岩手県      878
 33  愛媛県      858
 34  島根県      857
 35  山形県      723
 36  長崎県      677
 37  秋田県      655
 38  徳島県      598
 39  石川県      591
 40  和歌山県      580
 41  青森県      571
 42  宮崎県      538
 43  鳥取県      537
 44  佐賀県      514
 45  高知県      509
 46  奈良県      506

 計

 202,592
(平成20年末 法務省入国管理局在留外国人統計より抜粋)

フィリピン人は、全国的に多く分布しており、構成比では20歳から39歳までの年齢層が高く、女性の比率が高い。
就労活動に制限のない、永住者、日本人の配偶者、定住者の在留資格を持つ割合が、全体の6割弱と高いのも特徴である。