弁護士から仕事の依頼(4/3)


後輩の弁護士から電話が入る。

夜の8時30分。
彼はまだ仕事してるのかー。

「帰化の相談を受けまして・・・」

色々質問を受けた。
どうやら条件はクリアしていそうだ。

「先生に依頼した場合の報酬は?」

やはり報酬はしっかり伝えておかないといけない。

弁護士、会計士、税理士、司法書士、
社会保険労務士等、
同じ士業の仲間から仕事の依頼も来ます。

『ビザ衛門』からも仕事を回すようにしているからだ。
苦手な事はやっちゃいけない。
仕事の効率も悪くなる。

決算書を作って欲しい、不動産の分筆の依頼、
社会保険の手続き、離婚問題の相談等、
様々な相談が来ます。

クライアントから見れば、
1カ所ですべて解決して欲しい!
そんな思いなのだろう。

ある先輩は弁護士から仕事の依頼は来ない
と言っていましたが、
『ビザ衛門』には何件も来ています。

外国人専門だからだろうか?

これもタイミングや人間関係によって変わってくる。

どこから仕事の依頼が来るなんて
誰もわからないのだ!

だから人間関係は大切にしておく事だ。

by VISAemon