入管が仕事場です(5/13)


入管の証印受付は空いていました。

再入国許可の同時申請が1件。
許可が下りてから、再入国申請するのが1件。
許可の年数で1回か数次にするか決めるのが1件。

1年許可か3年許可かは、
パスポートを受け取ってみないとわかりません。

番号を呼ばれる、ドキドキの瞬間だ。
2012年○○月○○日

「やったー3年だ!」
急いでクライアントに電話する。
「では数次でお願いします」

1階のコンビニに6千円の収入印紙を買いに行く。

再入国許可申請の窓口に並んだ。

隣の永住許可相談部門には、
○○先生がクライアントと相談に来ていました。
何やら難しいことを言われて困っている様子。

私も1件が問題ありで時間がかかっていたので
待ち時間に少し話をした。

弁護士は法定が仕事場であるように
我々の仕事場は入管です。

本を読んだり研修会に出ても力はつきません。

この仕事は生もので、1件1件条件も違うし、
Aが通ったから、Bが通る訳でもありません。

自分の経験したことをアドバイスした。
「これからが取次行政書士の腕の見せ所だよ」

by VISAemon