「婚姻要件具備証明書」申請のための必要書類(フィリピン大使館)


■フィリピン大使館の「婚姻要件具備証明書」申請のための必要書類
 Single Filipino $ Japanese / Foreign National
 独身のフィリピン国籍者と日本国籍者 / 外国籍者

「婚姻要件具備証明書」は、日本に現在在住しているフィリピン国籍者のみに対して発行されます。
申請には、フィリピン人申請者と日本人/外国人婚約者の両人が必ず大使館へ出頭し申請します。

※申請者が正規の労働ビザで滞在している場合、又、過去にエンターテイナーとして入国している場合は、フィリピン大使館労働部にて面接を行う必要があります。

※申請者の所持するパスポートが有効期限切れ/破損/偽名/事実と異なる(名前の一部、出生日、出生場所)場合は、婚姻要件具備証明書の申請前に必ず新しいパスポートを申請しなければいけません。

1.フィリピン国籍者の必要書類
A NSO(国勢調査・統計局)発行の認証済み出生証明書    (原本1部・コピー1部)
  認証を受ける場所:フィリピン外務省/認証課

B NSO(国勢調査・統計局)発行の認証済み無結婚証明書  (原本1部・コピー1部)
  認証を受ける場所:フィリピン外務省/認証課
  
注意:無結婚証明書も期限はNSO発行日から6ケ月以内で、結婚目的と明記されたものを取得すること

C 認証済み両親の同意書(18−20歳の場合)          (原本1部・コピー1部)
  認証済み両親の承諾書(21−25歳の場合)          (原本1部・コピー1部)
  ※同意書・承諾書には必ず婚約者の名前を明記すること
   次の順序を経て認証  1.公証役場
                   2.地方裁判所
                   3.フィリピン外務省/認証課

D パスポート (原本提示+各コピー1部:写真のページ、最後のページ)

E 証明写真(パスポートサイズ) 2枚

2.日本国籍者の必要書類
A 戸籍謄本(3ケ月以内)  (原本1通+コピー1部)
  ※再婚の方:以前の配偶者との婚姻日・離婚日が記載されている戸籍謄本・改製原戸籍・除籍謄本 等)
  ※死別の方:以前の配偶者の死亡日が記載された戸籍謄本・改製原戸籍・除籍謄本 等)
  ※戸籍抄本は受け付けません。(「個人事項証明」・「戸籍中の一部のもの」とあるのは戸籍抄本です)
  
注意:必ず受け取った戸籍謄本を確認して大使館へ提出してください。不備がある書類は受け付けません。

B 公的身分証明書(有効期限内で写真付のもの)   (原本提示+コピー1部)
  次のいずれかを提出してください
  □パスポート □運転免許証 □住民基本台帳カード
  写真付の身分証明書がない場合:国民健康保険証と住民票

C 証明写真 2枚(パスポートサイズ)

3.外国籍者の必要書類
A 自国大使館発行の婚姻要件具備証明書   (原本1部・コピー1部)
  必ず英語に翻訳された婚姻要件具備証明書を提出してください。

B パスポートまたは運転免許証          (原本1部・コピー1部)

C 証明写真 2枚(パスポートサイズ)