婚姻要件具備証明書が発行される国(10/6)


外国人と結婚を考える場合、
相手が本当に独身で、
外国の本国法で結婚できるのでしょうか?


外国人が独身である事を確認できる重要な書類が、
「婚姻要件具備証明書」です。

本国の政策の変化や書面の記載事項の変更などによって
婚姻要件具備証明書が出なくなった国や、
婚姻要件具備証明書の要件を満たさない文書の扱いとなる
ケースもあります。


そうした場合、役所では地方法務局へ
「受理伺い」を出します。

受理されるまで、2ケ月くらいかかるので確認が必要です。

役所によっては、在日外国公館に認証印を要求することもあります。

以下、婚姻要件具備証明書が発行される国を掲載します。

【アジア】
韓国、スリランカ、タイ、中国、フィリピン、モンゴル、ベトナム、アフガニスタン

【中近東】
イスラエル、イラン、サウジアラビア、トルコ、エジプト

【オセアニア】
オーストラリア、ニュージーランド、トンガ

【アフリカ】
ガーナ、ガボン、ザイール、モロッコ、ジンバブエ、チュニジア、セネガル

【ヨーロッパ】
アイルランド、イギリス、オランダ、スイス、スウェーデン、イタリア、スペイン、
デンマーク、ドイツ、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、フランス、ベルギー、
ポルトガル、ルーマニア、スイス、ロシア、ウクライナ、ブルガリア、ポーランド、
チェコ、スロバキア、オーストリア、モルトバ

【北米】
アメリカ合衆国、カナダ、メキシコ

【中南米】
キューバ、コロンビア、ブラジル、エクアドル、ジャマイカ、ボリビア、パラグアイ、
ニカラグア、エルサルバトル、ウルグアイ

by VISAemon