いつもと違う喪中のハガキ(11/27)


喪中のハガキが届く時期です。

大抵は父が○○歳で、母が○○歳でという文面です。

そんな中でショッキングなハガキが届きました。

○月に夫が、○月に姉が・・・。

あの方が・・・、驚きを隠せません。

どちらも年上の方ですが、親ではありません。

今では年賀状だけの付き合いなので、
亡くなったときに連絡は入りませんでした。

奥様も妹も私のことは知らないはずです。

故人の年賀状を整理して、出してくれたと思います。

そんな光景を目に浮かべるだけで悲しくなってきます。

また年齢もそんなに離れていないので、
もうそんな年になったのかと感慨深いです。

喪中のハガキの習慣も外国にはきっとないと思います。

今までフツウと思っていた日本の習慣も
最近は新たな発見となる事が多いです。

by VISAemon