深夜の電話(12/12)


深夜に電話が鳴った。

緊急案件か?

案の定、難問だった。

「○○はどうでしょうか?」

「問題ありません」

「○○が心配ですが・・・」

「問題ありません」

「何もわからなくて」

「ただカンタンではありません。
色々クリアしなければならない問題は多いです」

時間もないし悪意の第三者も介在している。

民法上の問題もある。

だけどスラスラ答えが出てきた。

一つ一つが経験してきた事の組み合わせだったからだ。

さぁーやるぞ!

こんな仕事には異常に燃えてしまうタイプなのだ。

by VISAemon