在留資格取消し(平成21年入管法改正)

在留資格の取消し(入管法22条の4第1項DFGHI)
5.偽りその他の不正の手段により在留特別許可を受けたこと(5号)

7.「日本人の配偶者等」または「永住者の配偶者等」の在留資格をもって在留する者が、その配偶者としての身分を有する者としての活動を、正当な理由なく、継続して6月以上行わないで在留していること(7号)

8.上陸許可または在留の許可を受け、新たに中長期在留者となった者が、正当な理由なく、90日以内に、法務大臣に住居地の届出をしないこと(8号)

9.中長期在留者が転居した場合に、正当な理由なく、90日以内に法務大臣に新住居地の届出をしないこと(9号)

10.中長期在留者が、法務大臣に虚偽の住居地を届け出たこと(10号)