六本木ヒルズの事務所へ(3/26)


13時の約束で六本木ヒルズに向かった。

今後の事業展開を考えての行動。

瀟洒な事務所で、外資系企業を主にクライアントにしている。
企業名を聞くと、有名企業ばかりだ。

「ウチの事務所はAランク案件ばかりだから」
なるほど企業名を見せてもらって納得した。

「パスポート認証した事ありますか?」
「相談は来た事があるけど、やった事はない」

「これってビジネスチャンスになると思わない?」
「まだ手がけている行政書士は少ないし、ニッチ分野かも・・・」

「報酬はいくらですか?」
「○○くらいかな?」

「証印転記手続きはやってます?」
「業務としては取り組んでいない」

「ホームページに追加したらどうですか?」
「ビジネスになるとは思っていなかったら書いてなかった」

「ウチは○○円で請け負ってます」
「確かにホ−ムページの検索では多いキーワードですね」

「どんどん新しい仕事を見つけていくべきだわ。
仕事は色んなところに転がっているのよ」

「今後、増えていく外国人の労務関係にも強くなりたいし」
「私は、著作権絡みの仕事もゲットしていくつもり」

「これから社会保険労務士も外国人市場に参入して来ると思うのよ」
「確かに知人の社労士は、外国人?英語?ってみんな敬遠している」

「ねぇ一緒に組んで仕事していかない?」

by VISAemon