バッグには職印を忍ばせて(12/9)


豪徳寺から新百合ヶ丘まで19分。

川崎出張所は手頃な距離にある。

受付番号は15人待ち。

神奈川案件は、
横浜支局と川崎出張所を使いわけるようにしている。

同じ日に品川入管に行く用があると
横浜支局は同じ京浜東北線で便利だ。

また認定証明書の緊急案件だと横浜支局に提出する。

川崎出張所は受付はしてくれるが決裁は横浜支局だからだ。

川崎出張所には新書式が一式並んで置いてあった。

新書式は申請者用と所属機関用とあり、
在留資格によって枚数が違ってくる。

ここは要注意!である。

日本語がよくわからない外国人の為に
壁面に色分けで用意する書式を書いた紙が貼ってあった。

読んでわかるのだろうか?

申請取次でさえ理解しにくい新書式なのに
外国人にすんな理解できるとは思えない。

今回は職印で3ケ所訂正した申請書を提出した。

バッグには職印を忍ばせて・・・。

窓口での混乱はしばらく続きそうだ。

by VISAemon