転職したら就労資格証明を勧める理由(12/20)


転職したら就労資格証明書

ずっと言い続けてきた。

長引く不況のあおりで会社をクビになったり、
会社が倒産して職を失った外国人。

「どうしたらいいでしょうか?」

新しい会社を見つけて就労資格証明書を申請する。

そうアドバイスしている。

どうして就労資格証明を取るのか?

将来の永住や帰化を見据えての理由からだ。

外国人は在留資格という枠に縛られて、
仕事内容も自由ではありません。

安定した在留や身分の確保という点で永住や帰化は外国人のゴールです。

目先の更新や仕事内容だけでアドバイスはしていない。

どうすれば早く永住・帰化に辿り着けるか?

「将来は帰化を考えているので次回の更新もお願いします」

そう言われる事が一番嬉しい。

外国人の将来の人生まで見据えたコンサルをしていきたい!

ビザ衛門