アメリカビザの問い合わせ(8/14)


最近、アメリカビザの問い合わせが多くなってきた。

いつも懇意にしているアメリカビザ専門の先生にお願いしている。

5年前に有罪判決。
執行猶予が切れて2年経ったが、
アメリカのビザが不許可。
どうすればいいですか?

アメリカで働くビザが取れなくて、
観光ビザで入ったが、捕まって日本に強制送還された。
アメリカのビザを取って欲しい!

当社では、アメリカビザ取得代行してくれる事務所を探しております。
『ビザ衛門』様では、対応可能でしょうか?

昨日は3件、問い合わせがあり、すぐ先生に依頼しました。
「いやー丹羽先生のところへは、どうしてアメリカビザの相談が来るんですかねぇ?」
「事務所の名前がビザ衛門だからでしょうねー」

「今度、是非虎ノ門の事務所にいらして下さい!
僕が折衝しているところを見れば、大体わかってきますから・・・」

アメリカビザを仕事にされている行政書士の先生は数少ないです。
アメリカのビザは国家資格を取ったから仕事が出来るほど
簡単ではないからだ。

アメリカではビザ取得の為に腕のいい弁護士には、
50〜100万円の報酬を払います。

これからもアメリカビザの相談が続くと、
いつまでも外注ではなく、
『ビザ衛門』でも対応できる体制作りが必要かも知れません。